最近の通信機器と液晶画面について思っていること

最近の通信機器と液晶画面について思っていること

最近の通信機器と液晶画面について思っていること

最近の通信機器と液晶画面について思っていることですが、ここ数年、ますます情報化が進み、通信機器のハードウェアもそれに伴って、非常に利便性が増してきているように感じることがあります。
特に、屋外で使うことのできるモバイル通信関連の機器の成長が著しく、高速通信のインフラ整備が各地で着々と進められていることによって、それらの機器も時代に適応した形のものになってきています。
特に、メモリー、バッテリー、画面の部分での技術革新が大きいのではないかと感じています。
それらによって、機器の小型化と性能の向上が飛躍的に進んできているのではないでしょうか。10年ほど前から、市販のテレビが薄型化し、液晶や有機ELなどの技術がどんどんと進歩してきました。それがデスクトップパソコンやノートパソコンの画面として用いられるようになり、ひいては携帯電話、そして最近のスマートフォンにまで活用されるようになってきたのではないかと思います。

携帯電話の時代から、液晶タッチパネルを使っている、スマートフォン、タブレット端末の時代へと足を踏み入れてきたわけですが、最近、やっとそれらに人々が慣れてきているような様子を見かけることがあります。
中には世界基準のスマートフォンなども発売され、各地で行列ができるほど人気を集めている様子をニュースで見聞きするようなこともあり、日々こうした技術が進化してきていることを肌で感じることがあります。
個人的には、これらの液晶と呼ばれる画面が、もう少し耐久性なども考えて市販化されるようになると嬉しいと思っています。
例えば、薄い皮膜の画面が技術化されているように、画面自体が柔軟性を持っていることで、仮に落としたり、衝撃を与えたりしても、割れないような構造のものができるとますます便利になるのではないかと考えています。
こうした機器は数年経過しますと、本当にガラリと技術が変わったりすることもあり、良い意味でのサプライズを期待したいと思っています。